林グループ
林グループ : 採用情報 : 環境方針・個人情報保護に関する基本方針 : 会社事業部一覧 : サイトマップ

 
 



本製品の特長
PDF版カタログダウンロード(2909KB)
電流制御方式によりトルク値の繰り返し安定精度が非常に高いドライバーです。

内蔵モーターの個体差を調整し、実トルクにアジャストする機能があります。

コントローラーとパソコンをUSBで接続し、パソコンから各パラメーターの設定・確認ができます。

7つのバンク(メモリー)機能を有しています。
バンク(メモリー)を利用することで、ネジ締め・緩め条件を自由に設定できます。単独動作として、また一連の動作として使用することも可能です。
右ネジ・左ネジどちらでもネジ締め・緩めを行えます。

設定トルクを設定時間ホールドしてネジを締め付けます。

トルク値を設定すると自動的に最適回転数が設定されます。

ネジ緩めをする際、緩め角度(10°単位)を指定できます。

ビットとネジ頭部のすり割りとの噛み付きを解除する「ちょっと戻し機能」があります。
ビットとネジ頭部のすり割りとの間で、噛み付き現象が起こった場合に、締め付け方向とは逆方向に、ある一定の力を加えてやり、噛み付きを解除する機能です。
「ネジが規定トルク値で締まっているか」を判断するための緩み判定機能を有しています。

下記の入出力端子が標準装備されています。
ステータス信号出力端子(S1〜S4):動作中の進行状況を表します。

エラーメッセージ信号出力端子(E1〜E4):動作中に異常が発生した場合に具体的内容のエラーメッセージ信号を出力します。

総合エラーメッセージ信号出力端子(SE):すべてのエラーメッセージ出力時に出力されます。

完了信号出力端子(SC):ネジ締め・緩め動作正常完了時に出力します。

ネジ緩め判定信号出力端子(EA):緩めたネジが規定トルク値で締まっている場合に、判定トルク値で緩め動作を行い、緩めることが出来ない場合に、信号を出力します。

CCW方向動作開始入力端子(CCW):外部信号でCCW方向に回転動作をスタートさせる場合に信号を入力します。

CW方向動作開始入力端子(CW):外部信号でCW方向に回転動作をスタートさせる場合に信号を入力します。

バンク指定入力端子(C1〜C3):単独動作時、バンク(メモリー)を呼び出す時に指定する信号を入力します。

繰り返し動作入力端子(RE):一連の動作を繰り返し行いたいときに信号を入力します。
静電気対策にも対応済みです。



本製品の用途
HDD(ハードディスクドライブ) 計器(メーター類)
CD・DVDプレイヤーヘッドホンステレオ 時計
携帯電話 その他AV・OA機器類など
デジタルカメラ