林グループ
林グループ : 採用情報 : 環境方針・個人情報保護に関する基本方針 : 会社事業部一覧 : サイトマップ

 
 



専用コントローラー Special controller
PDF版カタログダウンロード(2295KB)
MODEL:CT-F/CT-FA/CT-FA-ML コントローラー仕様及び規格
型式 CT-F/CT-FA
(MLシリーズ以外を接続可能)
CT-FA-ML
メインプロセッサ 32bit RISC CPU
(動作周波数:80MHz, A/D変換サイクル:25μsec.)
設定保存バンク数
(本体メモリ)
7
(本体メモリへ設定値書込可能)
N/A
角度検出分解能 10°
※エンコーダー分解能
N/A
I/O CT-F:17点
(入力:6・出力:11)

CT-FA:10点
(入力:2・出力:8)
10点 (入力:2・出力:8)
エラーパラメーター CT-F:13種類、CT-FA:12種類、CT-FA-ML:10種類
(モーター電流を常時監視、各種ネジ締めエラー感知)
外部通信用コネクタ 外部制御用:57-30240(DDK)
パラメータ設定用:USB Bタイプ
外形寸法[mm] H140×W90×D250(突起部は除く)
重量 2.4kg
定格入力電圧 AC100V-240V, 50/60Hz
最大消費電力 160W
使用環境温度範囲 0℃ − +50℃
使用環境湿度範囲 30% − 75%
保護回路 過電流保護(自動復帰)
過電圧保護(電源再投入により復帰)
付属品 CD-ROM(取扱説明書、専用ソフトウェア)、電源ACコード
※外部制御用コネクタ、USBケーブルは付属しません。
  • CT-Fは表示器とパネル操作によりトルク・回転数・その他各種パラメーターの設定、表示、確認が可能です。また、USB接続にてパソコンより設定、確認を行うことも出来ます。
  • CT-FA/CT-FA-MLには表示パネルはありません。トルクと回転数はボリュームツマミで調整することが可能ですが、トルク設定を行うと自動的に回転数が設定されます。
    回転数ボリュームは自動設定回転数より±30rpmの範囲で可変することができます。その他各種パラメーターはUSB接続によりパソコンより設定、確認を行います。
  • CT-Fには、標準モード、ユーザーズモード、エラーパラメータ設定モード の3つのモードがあります。それぞれのモード内パラメーターは前面パネル、またはUSB接続にてパソコンより設定、確認を行うことが出来ます。
    CT-FA/CT-FA-MLは、標準モード、エラーパラメーター設定モードの2つのモードがあり、各モード内パラメーターはUSB接続でパソコンにより設定、確認を行うことが出来ます。
  • コントローラとパソコンの接続には、市販のUSBケーブルをお使いいただけます。
  • MLシリーズにはにエンコーダーが付いていないため、CT-F/CT-FAのように回転角度などの検出機能を使用することは出来ません。
外観図
CT-F PDF版拡大図ダウンロード
CT-FA PDF版拡大図ダウンロード
CT-FA-ML PDF版拡大図ダウンロード