林グループ
林グループ : 採用情報 : 環境方針・個人情報保護に関する基本方針 : 会社事業部一覧 : サイトマップ

 
 



専用コントローラー性能・機能 Special Controller performance and function
青字で記載されている(CT−F/FA/FA−ML)は各コントローラーに存在する機能・性能を表しています。

PDF版カタログダウンロード(6656KB)
各コントローラーは下記の3つのMODEから構成されています。

@標準MODE:トルクと回転数が自動的に設定されるMODEです。(CT−F/FA/FA−ML)
AUSER’S MODE:トルクと回転数をお客様が設定するMODEです。(CT−Fに限る)
Bエラーパラメーター設定MODE:ネジ締め、緩め時の異常検出をするための条件を設定するMODEです。(CT−F/FA/FA−ML)
1)標準MODE(CT−F/FA/FA−ML)
※下記の7つのパラメーターから構成されています。
@トルク
A回転数
Bちょっと戻し時間
Cインターバル
D締め付け保持時間
E戻し動作時間
F動作モード
※動作モードパラメーターを設定することでネジ締めまたは、ネジ緩めを行います。
この標準MODEの特長は、トルクを設定すると自動的に最適回転数が選定されますので安定した高精度のネジ締めが誰にでも出来ます。
2)USER’S MODE(CT−Fに限る)
※下記の3つの基準パラメーターと7つのバンクから構成されています。
バンクとはネジ締めまたはネジ緩めをさせるために必要なパラメーターの集合体で、各バンクとも7つのパラメーターから構成されています。
@動作ブロック連続してネジ締め・緩めを行う時に何番目までのバンクを使用するかを選択します。
A繰り返し動作バンクを一連の連続動作として使用するのか、指定バンクを単独で動作させるのかを選択します。
B動作モードコントローラー前面キースイッチを使って動作させるのか、またはコントローラー背面I/O−PORT入力端子を使用して動作を開始させるのかを選択します。
Cバンク1回転方向 トルク 回転数 戻し角度 ちょっと戻し時間
インターバル時間 トルクホールド時間
Dバンク2回転方向 トルク 回転数 戻し角度 ちょっと戻し時間
インターバル時間 トルクホールド時間
Eバンク3回転方向 トルク 回転数 戻し角度 ちょっと戻し時間
インターバル時間 トルクホールド時間
Fバンク4回転方向 トルク 回転数 戻し角度 ちょっと戻し時間
インターバル時間 トルクホールド時間
Gバンク5回転方向 トルク 回転数 戻し角度 ちょっと戻し時間
インターバル時間 トルクホールド時間
Hバンク6回転方向 トルク 回転数 戻し角度 ちょっと戻し時間
インターバル時間 トルクホールド時間
Iバンク7回転方向 トルク 回転数 戻し角度 ちょっと戻し時間
インターバル時間 トルクホールド時間
※このMODEの特長は、トルク・回転数が独立して設定出来ることです。ネジ締めはネジ及びワークの材質などによりトルク安定性に影響があるため、当社の決めた条件が最適とは限らないケースがあります。お客様にて条件出しをして頂くためのMODEになっております。

エラーパラメーター設定MODE(CT−F/FA/FA−ML)
コントローラーの種類により13種類のエラーパラメーターがあります。
※E−bとE−dは、エラーパラメーターには含まれません。

エラーパラメーターエラーパラメーター内容
@E−1設定トルクに達しない状態の時間制限
AE−2設定トルクの30%を超えてから、設定トルクに到達するまでの時間制限
BE−3設定トルク到達後、設定トルクを保持出来なかった状態の積算時間制限
CE−4
(内部設定)
異常により制限設定された電流値以上の電流が流れた場合
DE−5
(CT−F/FAに限る)
エンコーダー信号がコントローラーに入力されない場合の時間制限
EE−6電動ドライバーが接続されていない場合
FE−7設定された時間内にモーターに負荷がかかった場合の時間制限
GE−8
(内部設定)
モーターに異常電圧がかかった場合
HE−9
(内部設定)
(CT−F/FAに限る)
モーター回転数が異常により制限設定された回転数を超えた場合
IE−Aネジ戻し(緩め)時、ネジが緩まなかったため、設定トルクが加わっている状態の時間制限
 E−b接続する電動ドライバーの選択
JE−c
(内部設定)
(CT−Fに限る)
USER’S MODE−バンク単独動作時、バンク指定入力端子に指定外の信号が入力された場合
 E−d電動ドライバー交換時、トルクを補正するための値
KE−E
(内部設定)
コントローラー内部温度が制限設定(85℃)された値を超えた場合
LE−F
(内部設定)
トルクアップ・トルクホールド中にビット外れ等によってモーター回転速度が急上昇した場合
ネジ締め動作過程の波形図
ネジ締め動作過程の波形図(タッピングネジの場合)
ネジ戻し(緩め)動作過程の波形図