林グループ
林グループ : 採用情報 : 環境方針・個人情報保護に関する基本方針 : 会社事業部一覧 : サイトマップ

 
 



HDD/SSD評価技術サービス
弊社ではHDD/SSDの評価(温度/湿度/サイクル/障害解析)を行っています。
HDD(ハード・ディスク・ドライブ)/SSD(ソリッド・ステイト・ドライブ)の信頼性評価、高温高湿槽での耐久試験、サイクル試験、故障分解解析を行います。
HDDスクリーニングサービス/SSDエージングサービス
HDDスクリーニング、SSDエージングにより初期障害率、フィールド偶発障害率の低減が図れます。
HDD中古品、在庫品、運用品、の性能確認にも最適です。
HDD障害解析サービス
障害事象の確認に留まらず、真の原因究明に全力を尽くします。
障害改善のコンサルティングにも応じることが可能です。
一次診断
外観確認、騒音測定、テスタでのRead/Write複合動作等、HDDの外側から確認する事が可能な項目を詳細に実施する事により、HDDの障害状況を把握し、障害要因の推定を行い、以降の二次診断(テアダウン)、三次診断(分析)につなげます。
二次診断
HDDをテアダウン(分解調査)し、目視、光学顕微鏡レベルでHDDの内部を隅々まで検査し、媒体キズ、ヘッド付着物等の特異点を確認致します。
HDD信頼性評価サービス
最近のHDD高密度の進展と浮上量の減少により、耐久性マージンが低下しています
耐久試験を実施することにより、HDDの耐久性マージンレベルを調査致します。
温湿度耐久性マージン試験
HDD仕様外の温湿度環境で、1ヶ月程度HDDを動作させError、性能低下有無を確認し、さらにテアダウン(分解)、分析調査を行い、HDDの信頼性に影響を与えるような事象が発生していないかを確認し、最終的な耐久性マージンレベルをご提供致します。
温度サイクルマージン試験
磁化特性は温度に依存します。また、HDDはRead/Write電流を環境温度によって変化させていますので、環境温度変化に注意が必要です。HDD仕様外の温度サイクル環境でRead/Writeの複合動作を実施し、Error有無、性能変動を確認する事で、低温、高温に対する温度マージンをご提供致します。
少量、一品でも承ります。